カードローン審査

カードローン審査
銀行もカードローンの審査を始めました。

最近銀行がカードローン商品を多く販売しています。
これに対して、昔からカードローンを販売していた信販会社は今一つ元気がありません。
信販会社は、貸金業法という法律に縛られており、契約者の年収の3分の1以上の貸付ができないので、このような制限がない銀行より不利な立場に置かれています。
昔の銀行はこのような商品は取り扱っていなかったのですが、最近では審査手法を身に付けて業績を拡大しています。

グレーゾーン金利の返還訴訟が相次ぎ、資金繰りが悪くなった大手信販会社が銀行傘下に入りました。
その際、カードローンの審査ノウハウも一緒に銀行側に提供することとなり、これを利用して銀行がカードローンの販売を開始したのです。

もともとお金を貸すことが仕事の銀行ですから、審査ノウハウはあったのですが顧客層が信販会社とは違ってしたことから、カードローンの取り扱いは少なかったのです。
信販会社のノウハウを取得することで、収益性の高いカードローンへと進出できるようになったのです。

銀行の方がどうしても有利になっています。

銀行がこのようにカードローンの取り扱いを始めたことにより、既存の信販会社はかなり不利な立場に置かれることとなりました。
銀行は貸金業法の適用を受けないので、銀行側独自の審査で年収の3分の1以上の貸付をすることも可能です。
しかも、一部の銀行だけではありますが、本来収入のない主婦に対しても旦那さんの収入をあてにしてカードローンの発行をしている例もあります。
銀行側もしっかりと審査はしているので問題はないのでしょう。

信販会社側も、年収の規制がかからない事業者向けのカードローンや俗に言うおまとめローンのような商品を企画して、新規顧客の獲得に努力しています。
しかし、融資枠と金利水準が反比例するカードローンは融資枠の設定が大きくできない信販会社側はやはり不利です。

また銀行は給与振込等でサラリーマンの顧客が多く、彼らがカードローンを申し込む際は自分たちの給与振込銀行を優先することが多いことも事実です。
こうして、カードローンは銀行が優勢になりつつあるのです。