カードローン審査

カードローン審査
カードローンを複数社にまたがって行う理由

カードローンの申込みを複数の会社で行うことは実はそれ程珍しいことではありません。
普通に考えれば、同じところで追加融資をもらえば管理もしやすいです。
しかし、実際にはカードローンには限度額が設定されています。
その限度額を超えての借入れはできません。
その際に、追加融資の申込みをすることはできますが、それなら別の消費者金融のカードローンを申し込んだ方が早いということになります。

その結果複数社で借入れしている状態になります。
実際に、同じ会社で追加融資が断られるのは、金額が多すぎることも要因の一つです。
一方で、他社での借入れの場合、追加で申込む金額は少額になります。
その分審査が通りやすいということで、やむなく他社での借入れをせざるを得なかったというパターンも多いです。

一社毎の借入残高はそれ程でもなくても、何回も返済をするのも手間です。
管理するという視点で考えれば、複数で借入れするよりも同じ所で借りた方がメリットが多いです。
ただし、審査の通りやすさでいえば、他で借りた方がメリットが多いといえます。

おまとめローンのメリット

そこで注目を集めているのがおまとめローンです。
複数に借入れが複数にあって管理が大変な時には、カードローンをまとめてくれるおまとめローンが便利です。

同じカードローンでもおまとめローンの場合は、借換えが前提なので総合の金利が低くなるというメリットがあります。
おまとめローンを申し込むと、他社での残債については全て肩代わりしてくれるので、余計な手続きが必要なくなります。
それだけ心理的にも物理的にも負担が減るのは、カードローンの返済に苦労している人にとっては大きなメリットです。
もちろん肩代わりするとはいっても、そのお金もおまとめローンでの借入れとなりますが、金利が低くなることを考えれば損をすることはありません。

おまとめローンの場合は、審査が通りやすいというメリットも重要です。
通常複数社で借り入れ中の場合は、審査は厳しくなる傾向にあります。
何故かというと、複数で借入れしているということは、それぞれの金融会社で限度いっぱいまで借りていて、かつ追加融資を断られている可能性が高いです。
他でこれ以上貸せないと言われている人に、自分ならお金を貸そうと思うでしょうか?

しかし、おまとめローンの場合は、すでに複数で借入れ状態であることを前提としているので、複数での借入れ状態であることが審査に与える影響はより少ないと言えます。