カードローン審査

カードローン審査
顧客心理をつかんだ返済額

イオン銀行カードローンBIGという商品があります。
これは、イオングループ傘下の銀行なわけですが、顧客の利便性を第一に考える小売業の銀行らしく、メリットもたくさんあります。
そんなイオン銀行カードローンBIGのメリットのひとつとして、毎月の返済額の少なさというのがあります。
多くのお金を借りていたとしても、それに比例して毎月の返済額が膨らんでしまったのでは、毎月の返済だけで収入が吹き飛んでしまい、家計は火の車になってしまいます。
その結果、追加で借金をすることになり、借金地獄に陥るという悪循環に陥ることも。
そんなことのないように、ある程度毎月の生活に支障のない程度の返済額に抑えたいものです。
そんな顧客心理をしっかりつかんでいるのが、イオン銀行カードローンBIG。
では、そのメリットもいえる毎月の返済額はどうなっているのでしょうか。
イオン銀行の場合には、残高の金額に応じて毎月の返済額が変わります。
残高が少なければ少ないほど、返済額も少なくなります。

イオン銀行のやさしい返済計画

残高が3000円から100000円の場合、毎月の返済金額は3000円となります。
この程度の残高であれば、大して家計に影響はありません。
毎月の返済額が多少増えようと家計には響きません。
しかし、これ以上残高が増えてくると、家計に大きく影響をしてきます。
多くの家庭で残高の平均となってくるのが、100000円から500000円といったところです。
家計の足しにしたり、ちょっとした事で借りるお金は、このくらいの残高が平均的なのです。
イオン銀行カードローンBIGでは、残高が100000円から400000円の場合、毎月の返済金額は5000円、そして残高が400000円から500000円であっても、毎月の返済額は10000円といったところです。
残高の割りに、返済額が少ないのがメリットとなっております。
10000円くらいの毎月の返済であれば、家計は破綻せずともやっていけます。
他のカードローンでは、残高に関係なく一定の返済金額を要求しているところもあります。
イオン銀行カードローンBIGのメリットは、このやさしい返済計画です。