カードローン審査

カードローン審査
カードローンは住宅ローン審査で不利?

住宅ローンの審査においては、現在の借入残高が大きな影響を与えます。借金がある人に対して新規に大口の融資をするのですから当然のことともいえますが、借り入れ残高が一切無い場合でも審査が厳しくなるケースがあります。
実は一定の金融機関の場合に、カードローンのカードを所持しているとたとえ借り入れ残高がゼロであっても、限度額いっぱいの借り入れをしているものとして扱われることがあるのです。カードローンは手軽にいつでも借り入れをすることができるので、金融機関もその借り入れ額を常に把握することが難しく、そのために厳しい基準を採用しているようです。よって、カードローンを契約しているというだけで住宅ローンの金利が高くなってしまうという場合も起こりえます。複数枚所持しているという方であれば、普段あまり使用しないカードは解約してしまうというのもひとつの方法でしょう。住宅ローンは借り入れ額も非常に大きく、金利が上がる分の影響も大きいからです。

カードローンを解約するときの注意点

住宅ローンに備えてカードローンを解約する場合ですが、これはできれば契約の半年まえまでに行ったほうが良いです。住宅ローンの審査では、金融機関は信用情報機関から入手したあなたの情報をもとに判断を行います。ところが、この信用情報はリアルタイムで即座に更新されるわけではありません。あなたがカードローンの解約を行ったことも、しばらく経たないと信用情報機関の信用履歴に記載されないという可能性があります。住宅ローンの直前に解約を行うと、せっかくカードを解約したにもかかわらず、その情報がまだ信用履歴に記載されないので、カードローンを契約したままという基準で審査が行われてしまうのです。これでは解約した意味がまるでありませんので、カードの解約は早めにしておきましょう。
どうしても解約したくないという方は、金融機関によってはカードローンを契約したままでも審査で不利に扱われないところがありますので、そちらを利用するという手もあります。